ショッピングセンター 販売促進改革

こんな方におすすめ!

  • 販売促進活動を実施してはいるが、いまいち成果があがらない
  • 過去のやり方が通用しなくなってきた
  • テナントの賛同が得られにくい
  • 販促予算が縮減しており、思うような対策が打てない
  • 販促活動がマンネリ化しており、新しいアイデアが出てこない

>> ショッピングセンター 販売促進改革 詳細はコチラ

本サービスの特徴

  1. ポイント1 将来のビジョンを描き、テナントと共有する。
  2. ポイント2 テナント各店がお互いの強みを共有する。
  3. ポイント3 販売スタッフの特徴を共有するツール製作。
  4. ポイント4 それにより、店内での買い回り店数アップ。
  5. ポイント5 店内を地域コミュニティの発表の場とする。
  6. ポイント6 店内を地域住民の憩いの場とする。
  7. ポイント7 店内を地域商業、観光、産業の応援の場とする。
  8. ポイント8 それにより、店内に多くのサポーターをつくる。

>> ショッピングセンター 販売促進改革 詳細はコチラ

本サービスの実績例

地元主導型RSC のリニューアルプロデュース。リニューアル前の目標として競合出店で下がり続けた既存店売上を100% に戻すことを掲げる。この目標を全体販促と店長会の見直しにより達成。2 ヶ月に渡った閉店セールでは期間売上140% を実現。リニューアルオープン初日の売上は10 数年前のグランドオープン日の売上を超え、過去最高の売上となる。

地元主導型商NSC の競合店対策を実施。核店舗である地元スーパーを柱に全体販促を見直す。出店2 ヶ月前に実施した感謝祭で昨年対比140% を実現。この勢いのまま核のスーパーがリニューアル。専門店の入れ替えもあり、競合SC出店後も120% で推移。迎撃からリニューアルまでの好事例。

>> ショッピングセンター 販売促進改革 詳細はコチラ

このページのトップへ